SEOを実践する
ここからは、実際にSEOをはじめてみましょう。きちんとSEOをやっていくとなると、どうしても細かい話になるので、ここでは簡単に大枠のみをお伝えします。詳しく学びたい方は、書籍などを別途ご参照ください。

ページの速度を速くする

SEOの基準の1つに、ページの速度があります。以下のようなツールを使うことで、ページの速度をチェックすることができます。
Page Speed Insights
Googleが提供している、ページの速度をチェックするツールです。最適化方法などについても提案してくれます。
Webサイトの見た目やわかりやすさも重要ですが、とりわけモバイルでは、ページの速度が遅いことによる離脱はよく起こります。この点についても気をつけましょう。

読了率と滞在時間でコンテンツの質を確認する

ユーザーの滞在時間や読了率(スクロール率)などをチェックすることで、コンテンツの質を測ってみましょう。
読了率については、Google Tag Managerを導入することで、Google Analyticsにイベントを読み込ませることが可能です。
Google Tag Manager(GTM)
Googleが提供している、タグマネジメントツールです。1つのタグを導入するだけで、HTMLファイルをいじることなく様々なタグを導入できます。
コンバージョンタグ、Google Analyticsのトラッキングタグなどもひとまとめにすることが可能です。
また、イベントを発生させることで、読了率などユーザーのイベントを、Google Analyticsなどの分析ツールに記録することが可能です。

直帰率、セッションあたりページ数でUIを確認する

直帰率とセッションあたりページ数は、ユーザーの回遊性が高いかどうかを確認できる指標です。
直帰率 / セッションあたりページ数
ユーザーが、他のページを見ることなく帰ってしまうことを直帰と呼びます。この直帰が、全体のセッションの中で何%程度あるのか、という指標が直帰率になります。
セッションあたりページ数は、1セッションあたりどのくらいユーザーがページを見たかの指標です。これは、ユーザーが検索上でたどり着いたページ(ランディングページ)から、他のページに興味を持ったかどうかを測ることができます。
たとえば、ランディングページには集客できていても、そこから他のページに対して興味をもたせることに失敗している、などがわかります。
高いから悪いとは限らず、他のコンテンツが少ないページや、記事だけのニュースサイトなどでは高くなる傾向にありますが、低いほうがよいことは言うまでもありません。
最終更新 2mo ago