RAM-CE フレームワークとは
ここからは、具体的なデジタル・マーケティングのはじめ方や、ツールの選び方について考えていきます。はじめに、フレームワークの必要性と、本書で提案する「RAMEI」フレームワークについて説明します。

マーケティングにおける様々なフレームワーク

有史以来(というほど歴史があるわけではありませんが)、マーケティングの世界では様々な戦略・フレームワークが誕生してきました。
もっとも有名なのは、AIDMAと呼ばれるフレームワークです。これは、顧客の購買までのプロセスを以下のような順でフレーム化したものになります。
また、さらに検索時代に適応したフレームワークとしては、株式会社電通などが開発した「AISAS」もあります。

「RAM-CE」マーケティングフレームワーク

本書ではデジタル時代に適応したフレームワークとして、「RAM-CE(ラムセ)」を提案します。RAM-CEは、より適切に様々なデジタル・マーケティング戦略を考えられるように作られたフレームワークです(図3-2)。
RAM-CEフレームワークの特徴は、それぞれのポイントに、チェックポイントがあるという点です。たとえば、顧客がきちんと記憶しているかどうかについては、ブランドキーワードの検索数を見ればいい、というふうな具合です。
図3-2 RAM-CEフレームワーク 作図してください
最終更新 9mo ago